たくさんの人々に愛される瀬戸焼

画像出典:http://three-tone.com/

 

特徴

今や日本人の中では「せともの」という言葉で陶磁器のことを表すくらい、焼き物の代名詞となっている「瀬戸焼」。特徴は、その温かみのある色使いとシンプルなデザインです。

一言で瀬戸焼といっても、様々なうつわがあり、それらは時代のニーズに合わせて変化してきています。

とがりすぎず、その場に馴染む佇まいは、毎日の食卓には欠かせないアイテムであり、食卓を柔らかくしてくれること間違いなしです。

代表製品としては以下の3つが挙げられます。

 

1.石皿

画像出典:http://www.moyais.com/

真っ白まで行かない黄色味がかった透明な色が特徴的。シンプルで暖かい佇まいです。

 

2.馬の目皿

画像出典:http://www.hibinokurashi.com/

えっ、これも瀬戸焼ですか?と思わず口走ってしまうくらい個性のあるデザイン。これは、瀬戸で江戸時代後期以降に量産されていた皿の一種です。馬の目皿と呼ばれるようになったのは明治の頃と言われています。割と骨董品などでよく見かけます。おさかな料理などが似合いそうですね。

 

3.麦藁手

画像出典:http://oyamadai-teshigoto.com/

縦縞の文様が入ったうつわのことを麦藁手(むぎわらて)というそうです。縞模様が麦の穂を連想させることからそう呼ばれているようです。白米がおいしくいただけそうですね。

 

瀬戸市を訪ねる

電車の場合
  • 名鉄瀬戸線栄町 → 尾張瀬戸駅 下車
  • JR岡崎駅 → 愛知環状鉄道瀬戸市駅 下車
車の場合
  • 東海環状線自動車道せと赤澤ICから約10分

 

お問い合わせ

 

博物館など

愛知県陶磁美術館
  • 開館時間:9時30分〜16時30分(夏期は〜17時)
  • 休館日:月曜(祝日の場合翌日)、年末年始
  • 陶芸体験も可能
  • 電話:0561-84-7474
瀬戸焼ミュージアム
  • 開館時間:9時〜18時
  • 休館日:月1回程度臨時休館、年末年始
  • 電話:0561-97-1190
瀬戸蔵セラミックプラザ
  • 開館時間:10時〜18時
  • 休館日:月1回程度臨時休館、年末年始
  • 電話:0561-89-5758

 

行事

■陶祖まつり

陶祖である藤四郎をたたえるお祭り

■せともの祭

磁祖である加藤民吉をたたえるお祭り。瀬戸川沿いに大廉売市が立つことで有名。

 



Continue Reading

やちむん、あたたかな陶器

画像出典:http://lens-blog.jp/2017/08/12/yomitanvillage/

歴史

やちむんとは、沖縄の方言で「焼き物」のことを指す陶器のことです。

沖縄が琉球王国と呼ぼれていた1600年ごろから400年の歴史があります。

当時、中国やタイなどの海外との交易において、陶磁器が持ち込まれ、焼き物の技術が発展し、それがやちむんへと変化していきました。

当初は壺や甕が多く作れられ、泡盛や海産物を入れて輸出入していたのがメインの利用方法だたったが、琉球王国が沖縄県になると、多くの安価な焼き物の流入のため衰退してしまいました。しかし、大正時代の民芸運動がきっかけとなり、再生しました。

やちむんが見られる博物館

那覇市立壺屋焼物博物館

沖縄県那覇市壺屋1-9-32 10時~18時(最終入館30分前) 月曜休館(祝日の場合開館/76日~13日臨時休館) 観覧料350円(税込)

Continue Reading

小鹿田焼の魅力

画像出典:https://tokyopenthouse.org/

 

小鹿田(おんた)焼ってご存知ですか?

小鹿田焼は、大分県日田市で作られている陶器独特の土の風合いと文様が特徴的な器です。

実はこの器、一子相伝で伝え作れられているため、実は作者がかなり少なくなっています。独特の風合いは、家族の中でしか伝えられないため、この地でしか受け継がれないオリジナルなものです。

当たり前ですが、機械生産ではないので、デザインは一つ一つ少しずつ異なります。

翔鉋(とびかんな)という道具でつけられた文様は、シンプルで、色合いも優しく、毎日の食事にはぴったりの食器ですね。

1枚持っているだけで、食卓が落ち着きます。

小鹿田焼陶芸館:http://www.city.hita.oita.jp/shisetsu/bunkazai/6697.html

 

Continue Reading

思わずウットリ…豆皿の世界

画像出典:https://kinarino.jp/

結婚式の引き出物でもらったり、お店で見かけてはかわいい!と思いつつ、うまく使いこなせない豆皿。今回は、そんな思わずうっとりするような豆皿の世界を実用的な使い方を交えてご紹介します!

ちょっとした副菜に

画像出典:http://bowknot-store.com/
画像出典:http://bowknot-store.com/

話の食卓なら、お漬物や簡単な副菜を豆皿に盛ることによって、見た目も鮮やかに食卓が華やぎます。

 

箸置きに

画像出典:https://parismag.jp/
画像出典:https://parismag.jp/

箸置きにしても素敵ですね。

彩が加わって、箸を粗雑に置くよりも、ていねいな感じがします。

Continue Reading

日本の陶磁器

画像出典:http://cipolla.co.jp/

きれいな陶磁器に囲まれて暮らしたいと思ってもどんな陶磁器があるのか実は知らない…なんてことよくありますよね。

今回は、日本の陶磁器をご紹介します。リスト形式になっていますが、記事を更新し次第リンクを貼っていきますので、どうぞお楽しみに。

北海道

  • 小樽焼

関東

  • 小砂焼(栃木)
  • 益子焼(栃木)
  • 笠間焼(茨城)

中部・上越

  • 瀬戸焼(愛知)
  • 美濃焼(岐阜)
  • 常滑焼(愛知)
  • 九谷焼(石川)
  • 越前焼(福井)

関西・山陰

  • 信楽焼(滋賀)
  • 京焼(京都)
  • 出石焼(兵庫)
  • 備前焼(岡山)
  • 萩焼(山口)

四国

  • 萬古焼(三重)
  • 伊賀焼(三重)
  • 赤膚焼(奈良)
  • 丹波焼(兵庫)
  • 大谷焼(徳島)

九州

  • 上野焼(福岡)
  • 薩摩焼(鹿児島)
  • 有田焼(佐賀)
  • 三川内焼(長崎)
  • 唐津焼(佐賀)

 

Continue Reading